台風 対策

台風 対策


台風対策に興味のある方へ。防災安全合わせガラス」は板硝子協会の会員であるAGC(株)、日本板硝子(株)、セントラル硝子(株)が製造する合わせガラスの共通呼称です。このページでは、防災安全合わせガラスについてご紹介をしております。台風対策に興味のある方も、当サイトをご参照下さい。

■防災安全合わせガラスとは?

~台風、地震、衝突事故の被害を抑える。防災安全合わせガラス~

一般に、建物に使用されるガラスは十分な安全性を備えていますが、大地震や台風などで想定を超えた力がかかると破損してしまう場合があります。災害時に窓ガラスが破損して破片が飛び散ると、ケガなどの二次被害につながる恐れがあり、避難の妨げにもなります。「防災安全合わせガラス」は、割れにくく、割れても破片が飛び散らないので台風、地震、人体のガラス面への衝突事故に対して高い安全性を発揮し、被害を最小限に抑えることができます。


<中間膜の厚み>

防災安全合わせガラス 60mil以上
安全合わせガラス 30mil以上 60mil未満
合わせガラス 30mil未満


■防災安全合わせガラスの特徴

<飛来物が当たっても貫通しにくい>

台風などの対策被害対策において、風圧に対しては、耐風圧計算に基づいた適切なガラス厚の選定で対応可能ですが、飛来物の衝突に対しては、割れても破片の飛び散らない「防災安全合わせガラス」の導入が極めて有効です。


<割れても破片がほとんど飛散しない>
飛散率とは、ガラスを強制的に破壊して、全体の何%が破片として飛散したかを重量比で表したものです。一般のガラスは約50~60%が破片として飛散してしまうのに対して、「防災安全合わせガラス」の飛散率は約1%です。


<防犯性能が得られる>

警察庁・国土交通省・経済産業省と板硝子協会を含めた民間関係団体で構成される「官民合同会議」で、防犯面で想定される試験を実施し、合格したもののみ防犯性能の高い建物部品として認定、「CPマーク」の使用が認められます。「防災安全合わせガラス」はこの「CPマーク」対象品として認定されています。※(財)全国防犯協会連合会のCP建物部品に認定

>>詳細はこちら

台風 対策


■防災安全合わせガラスの選び方

<台風被害を軽減するガラス>

台風の際には、想定を超えた大きな風圧や飛来物の衝突によって窓ガラスが破損する恐れがあります。風圧に対しては、耐風圧計算に基づいた適切なガラス厚の選定で対応可能ですが、飛来物の衝突に対しては、割れても破片も飛び散らない「防災安全合わせガラス」の導入が極めて有効です。台風によって窓ガラスが割れると、強風が室内に吹き込んでさらに被害が拡大する恐れがあるので、「防災安全合わせガラス」の導入で被害の軽減を図りましょう。


■このような方は防災安全合わせガラスをご覧ください

・家の窓ガラスや出窓の台風対策、台風の対策グッズに興味のある方
・マンションのガラスの台風対策や防犯ガラス、網入りガラス、二重ガラスの台風対策などに興味のある方


■ガラスによって、安全性能は大きく異なります

建物に使用される窓ガラスにはさまざまな種類があり、設置場所に合わせた選択が必要です。災害や事故に対する高い安全性が求められる場所では、「防災安全合わせガラス」が優れた効果を発揮します。


<防災安全合わせガラス>

防災安全合わせガラスは割れにくく割れても破片が飛び散らない。(FL3+60mil+FL3)
中間膜厚60mil以上


<強化ガラス>
一般ガラスの3~5倍の強度をもつガラス。割れると破片が粒状になるため大きなケガを防ぐことができます。


<飛散防止フィルム貼りガラス>
一般のガラスに飛散防止用のフィルムを貼ったもの。経年劣化により透明性や飛散防止効果が低下するので定期的に貼り替えが必要です。


<網入板ガラス>
板ガラスに金網や金属線をはさみこんだもので、割れても破片が飛び散りにくいのが特長です。「防火ガラス」とも呼ばれ、火災でガラスが破損しても、破片を金網が支えることで、火災の延焼を防ぐ効果があります。


<板ガラス>
一般的な、板状ガラスのことです。


■よくあるご質問

Q.防災安全合わせガラスは、網入りガラスとどう違うのでしょうか?
A.網入りガラスは火災時に延焼を防ぐ機能があるガラスです。


Q.防災安全合わせガラスは防犯対策としても有効なのでしょうか?
A.(財)全国防犯協会連合会のCP建物部品に認定されています。(ただし中間膜30mil以上)


Q.防災安全合わせガラスは、全ての自然災害に対して効果を発揮するのですか?
A.防災安全合わせガラスは、地震時の転倒家具や台風時の飛来物の衝突に対し、耐貫通性に優れたガラスですが、あらゆる災害、及び事象に効果を発揮するわけではありません。

Q.防災安全合わせガラスは、強化ガラスとどう違うのでしょうか?
A.どちらも「安全ガラス」ですが、防災安全合わせガラスは割れても安全なガラスで、強化ガラスは強度を高めた割れにくいガラスです。目的にあった「安全ガラス」をご選択ください。


Q.防災安全合わせガラスの中間膜は、何でできているのでしょうか?
A.PVB(ポリビニルブチラール)などの特殊な樹脂膜です。

>>詳細はこちら

■省エネ効果の高いLow-Eガラスとの組み合わせも可能

「合わせLow-E複層ガラス」(エコガラス※)は、優れた断熱性能と遮熱性能を持ったLow-Eガラスと合わせガラスを組み合わせた複合型の高機能複層ガラスで、防災機能の強化に加え、ガラスからの熱の出入りを防ぎ、環境への負荷も軽減した省エネルギー化も可能です。また、学校施設の長寿命改修や施設環境の向上にも優れており、平成28年省エネルギー基準にも準拠しています。

台風対策に興味のある方も当サイトをご参照下さい。

お問い合わせはこちら


板硝子協会
〒108-0074 東京都港区高輪1-3-13 NBF高輪ビル4F
TEL.03-6450-3926 FAX.03-6450-3928

>>お問い合わせ

台風 対策