板硝子協会 Flat Glass Manufacturers association of Japan

規格基準

協会指針・基準・推奨類

・機能ガラス

学校におけるガラスの安全設計指針

目的

この指針は、学校建築のガラス設計にあたり、日常及び非日常時におけるガラス破損によるけがから幼児、児童及び生徒等を守り、併せて維持、管理面を考慮したガラスの安全設計手法の確立を目的とする。


適用範囲

この指針は、学校建築の校舎、屋内運動場等の新築、増改築及び改修時等における設計に適用し、対象は、開口部、出入口、間仕切り、その他のガラス使用部分とする。

安全設計

1.安全設計の目標

日常の事故、非常災害によって起こる人体への災害を防止するために、学校における幼児、児童および生徒等の行動・作為に応じ、ガラスの安全性能を生かした総合的な安全設計を行う。

2.総合的な安全設計
(1)ガラスの持つべき安全性能

ガラスの持つべき安全性能は、1.破損しにくいこと、2.加撃物が貫通しにくいこと、3.破片が飛散しにくいこと、4.破片が鋭利でなくしかも小粒であることに大別される。以下の表にこの安全性能に特に優れたガラスの品種を示す。

ガラスと安全性能
ガラス品種 安全性能
強化ガラス ・破損しにくい
・破片が鋭利でなく、しかも小粒である
合わせガラス ・加撃物が貫通しにくい
・破片が飛散しない
網入板ガラス ・火炎や火の粉の侵入を防ぐ

(2)日常の事故に対する安全設計

日常時における人体およびボール等のガラスへの衝撃に対し、ガラスが破損しにくく、又は破損してもガラスによるケガを防ぐように、幼児、児童及び生徒等の行動・行為と使用場所に応じて、ガラスの安全設計を行う。

(3)非常災害に対する安全設計

地震、風等の非常災害においては、ガラスが破損しにくく、又は破損しても事故につながらないよう、ガラスの安全性能を生かした安全設計を行う。

3.維持・管理を配慮した設計
安全設計を行うに当たっては、維持・管理を十分配慮した設計を行う。

Copyright 2000, 板硝子協会 All rights reserved worldwide.