会員専用ページ

板硝子協会からのお知らせ

低放射ガラスに係る有効開口部としての取扱いに関する
東京消防庁の回答について

2010/09/29

消防法施行規則第5条の2に規定されるガラスの種類による無窓階判定基準には低放射ガラス(通称Low-Eガラス)が含まれていなかったため、低放射ガラスを用いた複層ガラス等は無窓階と判定されておりました。
この度、板硝子協会から東京消防庁へ低放射ガラスに係る有効開口部としての取扱いについて照会を行い、東京消防庁による立会い試験を行いました。その結果、東京消防庁より、貼付の回答のとおり、一定要件を充たす低放射ガラスにあっては、消防法施行規則第5条の2第2項第3号に規定する「外部から開放し、又は容易に破壊することにより進入できるもの」として認めることとします、との回答(7月28日付)を得ました。

お知らせ一覧に戻る

  • 省エネガラスならエコガラス
  • NSG 日本板硝子のエコガラス
  • AGC 旭硝子のエコガラス
  • セントラル硝子のエコガラス
  • 日本再興戦略2016
  • 防災安全ガラス
  • AGC 旭硝子の防災安全ガラス ラミセーフセキュリティ
  • NSG 日本板硝子の防災安全ガラス ラミペーン
  • セントラル硝子の防災安全ガラス ラミレックス
  • 5団体防犯建物部品普及促進協議会